母の日は赤だけではない!カラー別の花言葉

母の日といえば、やっぱりカーネーション。

女性は、やっぱりお花を贈られるとうれしいものです!
今年はゴールデンウイーク最終日の5月8日が母の日。
楽しいGWももう終わり、明日からまたいつもの日常っと思う時に良いサプライズになること間違いないでしょう。

母の日といえば、赤いカーネーションを連想しますよね。
でも、近頃は赤色だけではなく、青色やレインボーに至るまで、色とりどりです。

「無垢で深い愛」…カーネーションの花言葉は母性そのもの。
でもここで注意がひとつ。カーネーションの色によって花言葉、つまり意味合いが違ってきます。花言葉にこだわりを持つ方もいらっしゃるので、特に白色・黄色・紫色には注意してくださいね!!

カーネーションのカラー別花言葉

  • 赤色:母の愛、熱烈な愛、愛を信じる
    →母の日に贈られる定番の色です。
  • ピンク:感謝、美しい仕草、上品・気品、
    →かわいらしい印象を与えます。最近では様々なピンク色のカーネーションが多く出回るようになりました。今年おすすめカラー。
  • 白色  :尊敬、純潔の愛、愛の拒絶
    →お供えに使われます。変わらぬ愛の気持ちを届けます。
    母の日に母さまへ贈られるなら、さけたほうがいいですね。
  • 黄色 :嫉妬、侮蔑、軽視、軽蔑、愛情の揺らぎ、友情
    →元気な印象を与えるビタミンカラーですが、「お母さんの好きな色だから」などフォローして下さいね。
    (特にお姑様には、問題が起きてもこちらでは責任負いかねます!)
  • オレンジ:純粋な愛、あなたを熱愛します
    →ポジティブなものばかりですが、どちらかといえば、恋人に向けた花言葉ですね。
  • 紫色 :気まぐれ、移り気、誇り、気品
    →上品な女性にぴったりです!でも、こちらもカードを添えたり、他の色を混ぜたりしたほうがよさそうです。誤解されたら大変です!

変わったカーネーションの花言葉

最近、見かける青やレインボーのカーネーション珍しいですよね。
青やレインボーカラーは、実は人工的に作られている色なんです。
色のついた液を吸わせて作っているんです。そういった変わったカラーもインパクトありかもしれませんね。青やレインボーも花言葉があるんですよ。

  • 青色 :永遠の幸福
    →開発が難しく、もし作れたなら「一生幸せになれる」という研究者たちの思いからつけられた花言葉です。意外性もあり、言葉通りため息がもれるほど美しいのでとてもおすすめです。
  • レインボー:感謝
    →さらに意外性と珍しさがあり、贈られた方は喜ばれるでしょうね!

    レインボーのカーネーションを携帯電話の待ち受け画像にすると願いが叶うといった都市伝説まであります。

アールフラワーは、板橋市場近くの花屋。マメな仕入れで都心のお花屋さんよりもリーズナブルでボリュームたっぷり、新鮮なカーネーションのアレンジメントをお届けしています。
ご依頼されたお客様も、贈られた方も満足間違いなしです。

はちみつでお母さんのお肌をつるつるに!

アールフラワーでは、素敵な母の日セットをご用意いたしました。
市場から仕入れたての新鮮なお花を使ったボリュームあるカーネーションアレンジメント
5種類のフレーバーはちみつのセット。
はちみつは肌荒れ、吹き出物などの予防や美肌に効果が期待されるビタミンB群をはじめ、なんと約190種類の栄養素があるんです。
ピンクのお花でお母さんの心を癒し、はちみつでお肌つるつるにっという願いを込めてはちみつブランド『VintageBEE』のフレーバーはちみつ5本セットと新鮮カーネーションアレンジとのスペシャルセットを贈りませんか?

hahanohi

発送日を、お選びいただけます。

5月5日発送 5月6日発送 5月7日発送

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA