ハロウィンの由来をひもとく!!

昔むかし、ケルトの人たちにとって10月31日は夏と冬が入れ替わる大切な日でした。
103684
季節の節目のこの日は収穫のお祭りをし、日本のお盆と同じようにあの世の扉が少し開いて懐かしいご先祖の霊がそれぞれの家族の元に訪ねてくる日とも信じられていました。

でもあの世とこの世の扉を通り抜けるのはご先祖様だけではありません。
魔女やいたずらな精霊やおばけたちも一緒にこちらの世界に来てしまうのです。

日本人と同じように自然崇拝をするケルトの人たちにとっておばけや精霊と言うのは、自分たちの力の及ばない壮大な自然の事なのですね。

圧倒的に大きな自然の力の中で自然を受け入れて、貢物も差し上げますのでお手柔らかにしてくださいという気持ちで行うのがこのハロウィンの由来なのです。

この日、ケルトの人たちは家の中に、おばけが入ってこないように変装して魔除けのたき火「ジャック・オー・ランタン」を炊いて収穫物を並べ楽しく過ごしました。

一番のおばけ「ジャック・オー・ランタン」

ハロウィンにやってくるおばけたちの内、一番の有名なのが「ジャック・オー・ランタン」、ランタンを持ったジャックという意味の元人間のおばけです。

ジャックは怠け者でずるがしこくて嘘つきなペテン師。
どのくらいずるがしこいかと言うと、ハロウィンの時に来た悪魔さえだましてしまうのです。

ジャックは悪魔に何度も魂を取られそうになるのに、罠にかけ取引をしてそのたびに難を逃れてしまいました。
でも本当に寿命が来た時に、悪魔との約束で魂を天国でも地獄でも受け取ってもらえず安住の場が持てなくなりました。
ジャックは仕方なく地獄と天国との道をあてどなくさまようことになります。

ジャックと出会った悪魔は、悪魔なのに優しいところがあって、ジャックの頼みをついつい聞いてしまいます。

さまよう道が暗いから「灯りをくれ」と言う願いに地獄の炎を分けあげます。
ジャックはその辺に転がっていたカブをくりぬいてランタン(提灯)を作りそれを持って当てのない旅を続けているのです。
このお話はアメリカに伝わって、カボチャへと変わりました。

ハロウィンを盛り上げるカラーはやっぱり

ハロウィンカラーと言えば、カボチャのオレンジ色や黒、紫など。オレンジは実りの色、また黒はこれから訪れる冬の夜の色、静寂を表す色で怖いおばけたちを鎮め追い払う色
と信じられていました。

紫はオレンジの補色の関係にある色。この2色を組み合わせるととても目立ちます。
蛇なども毒を持って居るよと教えてくれる色だったりしますね。おばけなどに対してこの2色で魔除けの意味を、また強い色合いが非日常を表していると考えられます。

他にも暖色の黄色や赤の色もハロウィンぽい雰囲気を盛り上げます。

フラワーアレンジの素材には秋の収穫を祝うお祭りでもありますから豊かさを感じさせるものがグッド。
松ぼっくりや栗、おもちゃカボチャ、バラの実、ツルウメモドキ、紫式部、黄色いレモンのきつね顔のような実が面白いフォックスフェイス、紫色のトリコスラブラブ、とうがらし、などの実物も良く合います。

本物のほうきや魔女の飾り鏡、ガラス、すすきや蜘蛛の巣をアレンジしたモールなどもフラワーアレンジと一緒にレイアウトするのも楽しいですね。

花は黒っぽいバラや真っ赤なバラなどを添えると大人ぽい雰囲気になります。
他にもケイトウ、ほっとチョコレート色のカラー、ガーベラ、ダリアなど大振りで存在感のある花たちもハロウィンの主役となります。

アールフラワーからハロウィンおばけちゃん達にお知らせ

さて、小さなおばけちゃん達、ハロウィンの準備は整っていますか?
アールフラワーでは、10月31日に仮装したおばけちゃん達にお菓子を配ります。
事前に、ご連絡していただけると嬉しいです。

楽しいハロウィン、かわいい変装楽しみに待って居ます!