アールフラワーが教える!お花長持ちテク

毎日暑い日が続いています・・・。
人間もぐったりだけど、お部屋に飾ったお花もぐったりではありませんか?

涼しい部屋に活けてあるし、お水もマメに替えているのになぜ??って思いますよね。
実はお花が元気で長持ちするちょっとした”コツ”というものがあるんです。掻い摘んでご紹介しましょう。

基本中のキホン!茎を斜めに切る

お花屋さんから買って来たらすぐにすること。
それはハサミでお花の茎を斜めに切って新しい切り口を作ってあげる水揚げ作業。
茎にある”導管(水の吸い上げ口)”は時間とともに渇き、詰まってしまいます。
斜めに切ることで水の吸い込み量が多くなり、導管が詰まりにくくなります。
また、アジサイなどの枝ものお花は斜め切りプラス真ん中に切り込みでより長持ちしやすくなります。

【ワンポイント】トルコキキョウなどは手折る!
花によってはハサミを使わないほうが良いものもあります。
トルコキキョウ、菊などは手で折って活けるとよく水が揚がります。

きれいな花器ときれいなお水

きれいな花器とは見た目ではなく、きれいに洗ってある花器のことです。
もちろんコップやマグカップでもOK。
お花も生きていますので、汚れた花器に濁ったお水では元気がなくなってしまいます。
特に夏場は雑菌が繁殖しやすいものです。できれば毎日きれいなお水に替えてあげましょう。
(延命剤が入っている場合は2日に1回がベスト)
その際に切り口にヌメリがあったら、再度切り口を新しくするのもお忘れなく。

エアコンの風が直接当たらないところに置く

エアコンが効いたお部屋は確かに涼しいです。
しかし、ずっとお部屋にいると寒くなって体調を崩したりしませんか?それはお花も同じこと。
自然に育ったお花もエアコンはちょっと苦手です。
直接、エアコンの風が当たりにくいところに置いてあげましょう

延命剤や漂白剤を活用する

お花屋さんで一緒にもらえる延命剤も上手に活用しましょう。
延命剤がないって場合は、自宅にある”漂白剤”を一滴。
漂白剤を入れることで水の中の菌が繁殖しづらくなるんです。
もちろん、併用してもOK。

お花屋さんのとっておき

きれいなお水に”氷を1かけ”!
アールフラワーでも夏場は氷を花器に入れています。
花にも人間と同じ思いやりを持つことが重要なんですね。

さて、ここまでお手入れ方法をご紹介してきましたが、実はお花選びにもちょっとしたコツがあるんです。

それはお花屋さんの目利きで品質の良いお花を仕入れているかはもちろんのことですが、
一番重要なのは、新鮮でキーパー※に入れていないお花を選ぶということ。

キーパー内できれいに咲いているお花は、温度で開花を遅らせているだけでお花の寿命は変わらないんです。
ですから、外に出すと温度差で花にストレスが一気にかかり弱ってしまうことも。
花を買ったのにすぐ枯れてしまった、そんな経験ございませんか?
常温で力強く咲いていることを頭に入れて、お花を選ぶと手入れもしやすいですよ。
サマーフラワー
アールフラワーのお花の保存方法は、もちろん”常温”です。
常温できれいに咲いたお花が1本から、お買い求めいただけます。
(発送はクール便と通常便お選びいただけます)
夏らしい鮮やかなお花を1輪、気ままにお部屋に飾ってみませんか?

皆様のお越しをお待ちしております。

※キーパーとはお花屋さん奥にある花用の冷蔵庫のこと。