男性から贈るハッピーバレンタイン!!

2月14日はバレンタインデー。気になる彼にプレゼントをどう渡そうかしら♪
とうきうきそわそわ作戦を練っているところでしょうか?

また日ごろお世話になっている職場の同僚や友人などにも、感謝の気持ちを込めたチョコの贈り物をしなくてはと考える時期ですね。

聖バレンタインデーの由来

バレンタインデーは269年にローマ皇帝の迫害下で殉教した聖ウァレンティヌス(テルニのバレンタイン)に由来する記念日だと伝えられています。ローマ時代、故郷に愛する人が居ると戦争に身が入らないと危惧した時の皇帝が兵士の結婚を
禁止しました。

キリスト教の司祭だったウァレンティヌス(バレンタイン)は命令を破り想い人が居る兵士をひそかに結婚させていましたが、そのことがローマ政府に知れて2月14日に処刑されてしまいました。殉教したバレンタインを忍ぶためこの日はキリスト教徒の祭日となり、恋人たちの日となったのだそうです。

えっ男性から?欧米のバレンタインデー事情

バラ
ヨーロッパでは男性からも女性からもこの日は感謝の気持ちを込めてプレゼントを行います。
チョコレートをプレゼントする習慣は19世紀後半のイギリスで盛んになったそうですが、チョコレート以外にもケーキやメッセージカード、花束など相手が好きな物を思い思いに贈ります。

アメリカでは男性から女性にプレゼントを贈ることが圧倒的。

この日は彼女の職場に朝、花束を贈るスタイルがポピュラーになっているそう。
愛の告白と言う目的より、深い関係をすでに築いて居る恋人や夫婦が、愛情と感謝の気持ちを込めて贈ります。

恋人の日だから男性だって花を贈っちゃおう!

日本では、チョコレートを女性から男性に告白する日ととらえられていましたが、本来の意味に立ち返ると男性からも積極的にアプローチができる日です。

折角の機会、楽しみを逃すのはもったいない!男性が花を贈るのは、ほほえましくかっこいいと思う女性は多いですよ。

王道は赤いバラ

Roseの語源はケルト語の「rhodd(赤色)」などに由来します。愛と美の象徴であるバラ、特に赤い色のバラの花言葉は「あなたを愛しています」「情熱」「美」など愛する女性に送るのに一番ふさわしい花になります。プロポーズをこの機会に考えている場合などにもピッタリです。

季節のお花、可愛いラナンキュラスの花束もおすすめ

2月、バレンタインの季節に特にお勧めしたいのがラナンキュラスの花束。
咲き方がとても可憐で初々しいのです。花弁は透けて見えるほど薄く繊細でそれが幾重にも重なった丸い形のカメリア咲き、フリルのような花びらのフリンジ咲きなどかわいいと女性に大変好まれます。

大きさもスタンダードサイズ(9cm以上)からスーパーローヌ(13cm以上)とバラと比べても見劣りしない花の大きさがあります。花言葉は「あなたはとても魅力的」これからもっともっと愛を育てていきたい男性が贈るのにもぴったりな言葉ですね。

花束はアメリカのように会社に届けたいところですが、日本ですともう少し仕事の場とは分けたいと考える人が多いと思いますので、その場合は食事の予約を取ってその料理店に花束を届けて置けばスマートで配慮がある人ねと女性に感じてもらえるのではないでしょうか。

アールフラワーでは男性からのバレンタインブーケを応援していますので、ぜひご相談ください。