2月14日はお花でしょ!!海外のバレンタイン事情を徹底リサーチ

バレンタインデーはチョコレートを贈る日、知らない人はいないほど有名ですよね?
義理チョコ、友チョコ、自分チョコ…デパ地下から100円均一のお店まで大賑わいです。

でもそれは「製菓メーカーの戦略」という噂を聞いたことありませんか?

…実は、バレンタインデー=チョコレートは日本だけなのです!!
では本物のバレンタインデーとは一体どんな日なのでしょう。

バレンタインデーとは、恋人の日。

しかも海外では男性から女性に贈り物をする方が主流なんです!

さあさあ、もっと掘り下げて各国のバレンタインデーをみてみましょう。

各国バレンタイン事情、2月14日は男性が忙しい

海外でのバレンタインをまとめてみました。日本でも実践できる事もありそうですね。

フランス
→男性から女性に真っ赤なバラを贈り「あなたを愛しています」と伝える日です。

もちろん花束の他にも、アクセサリーやセクシーな下着を贈り、ロマンチックなデートをするとか。

さすが「アムール(愛)の国」です。プロポーズをこの日にする男性も多数!!

セクシーな下着は難しいけど、プロポーズするのはいいかもしれないですね。

イギリス
→あえて名前を書かないラブレターと贈り物を男性から女性に贈る日です。
送り主の名前は「From your Valentine. あなたのバレンタイン(慕っている者)より」です。
「誰からかしら?」とカードを見ながら思いをはせるような女性になってみたい…。

口で言うのは恥ずかしいけど、カードにするならできそうです!!

イタリア
→やっぱり「アモーレ」!!
イタリアの男性は女性にとてもマメ(うらやましい!!)赤いバラと赤い下着が人気の贈り物です。
何日もかけてロマンチックなデートを準備して赤いバラの花束と一緒に現れ、甘い言葉を…。
なんならプロポーズもありです。

日本男児には到底真似できません!!むしろ下着のサイズまで知っていたらちょっとびっくり。
もちろん女性は「待ち」です。

アメリカ
→女性に気持ちを伝えるチャンスの日という認識。
カード、アクセサリー、ジュエリー、花束、ハート形のバルーン、豪華ディナーとプレゼントも様々です。

アジアもそうそう!!男性からフラワーバレンタイン

欧米だけでしょ?と思ったらアジアでもバレンタインデーは男性から女性へと愛を伝える日なのです!

台湾
→好きな女性に赤いバラを贈る日です。1本なら「あなただけを愛しています」、108本なら「結婚してください」と本数によって意味のも異なります。
抱えきれないほどのバラの花束と一緒にプロポーズなんて映画の世界みたい!

バラの花束もらってみたいですね!!

中国
→中国も男性から女性に真っ赤なバラの花束を贈ります。
「情人節」と呼ばれやはり恋人の日。
台湾と一緒でバラの本数に意味もありますが、本数が多ければ多いほど愛情の深さを表現するとか。

モテモテの女性は部屋中がバラの花に埋まってしまうかもしれませんね。

ベトナム
→男性から女性に1輪のバラの花を贈ります。
最近では日本のように女性からはチョコレートを贈る人も多いようです。
他国と少し違うのは、豪華なレストランではなくカフェでまったりすることです。たわいもない時間を楽しむのがベトナム流です

日本の文化が進出中ですね

カンボジア
→男性から女性へ3色のばらをプレゼントし、もらった女性は翌日に1本返します。
「赤はお付き合いOK。黄色はお友達から。白はごめんなさい」翌日バラを返して、(白以外は)そのままデートです。

無視された男性はどうするのだろうと心配になります…。

南米はどうかというと…

ペルー
→恋人・夫婦がプレゼント交換する日です。
男性からは、バラの花・時計・下着、女性からは統計・洋服がポピュラー。

間違っても日本のように義理でプレゼントを渡すことはありません。
喧嘩の原因です!!だって愛を確認する日ですから。

禁止の国もありますが、イスラム圏では…

トルコ
→恋人たちは、お互いにプレゼントを贈り合いどちらかというと、男性が積極的に愛を表現する日です。

彼女へお花とプレゼントを贈る『愛を誓う日』 ですね♪

各国の事情を総括してみました

「本当はバレンタインデーは、男性から女性に赤いバラと一緒に愛を伝える日」ではないでしょうか‼

ポイントは多くの日本人女性は、バレンタインデーは女性がチョコレートを贈ると思っていると言うことです。

でも好きな人にチョコレートを選んだり、作ったりどきどきわくわくしますよね。

そんなかわいい彼女に、ちょっと勇気を出して花束を贈ってみませんか?
バラ
アールフラワーでは、あなたの心を伝えるお花が待っています。
お花をもらって心が動かない女性はいません。

オリジナルメッセージカードも作れます。
サプライズに「本物のバレンタインデー」を楽しんでみませんか?
ご相談、ご予約承っております。